fc2ブログ

透析終了間際に穿刺側の腕と肩が痛む

透析終了間際に穿刺側の腕と肩が痛む

透析(4時間)中の2~3時間目位になると、毎回穿刺部の腕と肩に痛が生じ苦痛に感じています。この2~3時間目に透析スタッフの助けを得て腕を5回ほど上げ下げすると痛みは和らぎます。日頃、痛みを感じることはないが、冷えるときは痛み生ずることがあります。この現象は、昨年10月以前に一度発症し、痛みを止めるため貼り薬のセルタッチパップやヤクバンテープを貼って対処した。

痛み一旦解消後、再び
今年2月~5月頃までの期間中、上記の痛みは一旦解消されたが、再度同様の痛みを生ずるようになった。その原因は、経験不足の透析スタッフ(1年間の見習研修を経て4月からスタート)による穿刺ミスではないかと感じています。
その現れは、新人スタッフの初めての穿刺ミスにより、穿刺の翌日(火)腕がどす黒く変色。その週金曜日に再び他のスタッフによる穿刺ミスが続けて発生し、散々な思いである。担当医師からX線写真撮影の指示があり。その結果は特に異常は見られないとのこと。その後の対処方法については特に言及なし。
また、長期透析(10以上)患者にはアミロイドシスによる発症が多いとされていますが、透析歴6年.6ヶ月。

写真は穿刺ミスによる傷跡です。この黒ずみや腫、痛み数週間治らない。
「透析画像穿刺ミス」の画像検索結果


スポンサーサイト



透析医療と食事療法

透析医療と栄養を考える

 バ イエル薬品㈱では、透析患者のためのライフスタイル誌「うみ」により、透析患者の治療や生活様式等に関わる重要な情報を下記先生の執筆より掲載されております。透析患者には見逃せない大変に貴重な情報です。
 食生活の参考に供されたいとの意を込めて、2011年7月以降に掲載された内容をそのまま逐次紹介いたします。




今回 リンの管理について
 以前は、透析を長期間行うと骨がもろくなり、風邪をひいてひどい咳をした際に肋骨が折れて動けなくなるというケースがありました。ですから、透析には骨の問題がつきまとうと認識されていました。
 しかし、最近では骨の問題よりも、リンの過剰な摂取によって引き起こされる血管や心臓弁膜へのカルシウム沈着が、生命予後を悪く していることが問題視されています。ですから私は、「気をつけなければいけないのは、まずリンです」と言っています。
 リンの過剰な摂取は、血管の動脈硬化や石灰化をもたらし、副甲状腺機能や骨の代謝に悪影響を及ぼします。一般的な透析を受けている方の1日のリン摂取量は、700〜800ミリグラムと考えています。
 リンは多くの食品に含まれており、とくにタンパク質を含む美味しい食品に多く含まれています。カルシウムを多く含む乳製品も、タンパク質やリンを多く含有しています。しかも、透析により除去できるリンの量は限定されていますから、どうしても透析を受けている方はリンの摂取が過剰になりやすいのです。
 リンの摂取を抑えるには、リンの含有が比較的少ないタンパク質を摂ることです。最近は、炭酸ランタンというリンの吸着剤があり、リンを多く含むタンパク質を摂っても、炭酸ランタンを飲めば、リンは吸着されてそのまま排出することができます。2、3年前までは副甲状腺摘出術の症例が、年間50〜60例ありましたが、このお薬のおかげでそれはほとんどなくなりました。

既報1.. 透析について
既報2、最近の合併症について
既報3、透析の基準について


報4 食事療法について
 その1  栄養不足に気をつけましょう
 その2  合併症を予防する食事とは‥     
 その3  カリウムの摂取を少なくしましょう




























坂井 瑠実 先生
坂井瑠実クリニック理事長
医学博士。内科・腎臓・糖尿病・人工臓器各学会に所属。腎臓学会指導医、透析医学会指導医。
岐阜県立医科大学卒業後、神戸大学医学部第2内科入局、腎臓グループに所属。腎友会病院院長、
住吉川病院院長を経て1998年、坂井瑠実クリニック開設。


ヒト心房性ナトリウム利尿プチベト(hANP)検査data

月次生化学血液検査data

2016年1月~7月度

 
このデーターは、過去7ケ月の人工透析(採血)に基づく血液検査結果です。  
    なお、表中のデータは、主な関連項目みを比較標記しております。
項目/月別1/292/153/174/205/136/157/6備考
.DW(kg) *159.058.758.457.857.256.656.32.7低下
.体重(kg) *259.959.559.258.658.057.557.02.9低下
.血圧:上/下(mmHg) *3189/71188/68195/93207/78199/75194/73191/73195/73
.心胸比(%) *454.456.054.957.054.455.052.03.0改善
hANP(pg/mL) *559.861.229.8







*1.DWは、適正体重=身長1.6m2×22=56.3kg。表中のほか3月と5月は2回見直し行っております。
*2.体重は、起床時の測定値(透析前の体重は、概ね中2日=5%及び中1日=3%以内の増加です。)
*3.血圧は、表中の最高血圧は何故か下がらない。測定は起床時、夕方の測定値は若干の低値です。季節(寒→暖)の変動により低下するのではと期待していたが何れの変化もみられません。血圧降下剤は、ノルバスク錠5mg朝食後服用。
*4.心胸比は、基準値の50%に到達し難いがたい状況です。
*5.hANPは、基準値43.0pg/mL前後とされているが下げ過ぎか? しかし、透析中には血圧の低下も生じず、体調は何ら支障もありません。


透析医療と食事療法

透析医療と栄養を考える

 バ イエル薬品㈱では、透析患者のためのライフスタイル誌「うみ」により、透析患者の治療や生活様式等に関わる重要な情報を下記先生の執筆より掲載されております。透析患者には見逃せない大変に貴重な情報です。
 食生活の参考に供されたいとの意を込めて、2011年7月以降に掲載された内容をそのまま逐次紹介いたします。


 坂井 瑠実 先生 著
 坂井瑠実クリニック理事長、 医学博士。内科・腎臓・糖尿病・人工臓器各学会に所属。 腎臓学会指導医、
 透析医学会指導医。 岐阜県立医科大学卒業後、神戸大学医学部第2内科入局、腎臓グループに所属。
 腎友会病院院長、住吉川病院院長を経て1998年、坂井瑠実クリニック開設。

  既報1、合併症について
  既報2、最近の合併症について
  既報3、透析の基準について


*食事療法について
既報 その1 栄養不足に気をつけましょう
その2 合併症を予防する食事とは‥     
今回  カリウムの摂取を少なくしましょう
 透析を受けている方の合併症のひとつに高カリウム血症があります。高カリウム血症になると、急に心臓が止まったり、不整脈が出たりして、いのちを失うこともあります。高カリウム血症の原因は、カリウム含有量の多い食物の摂取です。
 カリウムはイモを含む野菜や果物に多く含まれています。したがって、一般的に、透析を導入する際には、栄養士が「果物は控えめにし、野菜は茹でて、茹で汁は捨てて、そのまま食べてください」などと指導します。ガイドラインで示されたカリウムの1日の摂取量は1.5グラムです。
 しかし、野菜を茹でて食べたり、果物を摂らなかったりしていたら、ビタミンCなどのビタミン類は摂りようがありません。ですから、そういう食事の場合には、ビタミン類をサプリメントで補充することもよいでしょう。
 最近、さまざまなドライフルーツが出回っていますが、透析を受けている方にとって、あれほど恐ろしい食品はありません。もともとカリウムが多い果物がドライにしてあるわけですから、まさに「カリウムの宝庫」なのです。いずれにしても、カリウムの摂取を抑えるには、カリウムを多く含有するイモ類、野菜類、果物、海草類、豆類などの摂取を少なくすることです。



月次血液検査data

月次生血液検査data

2016年5月及び、6月度

 
このデーターは5月、6月の第2月曜日(9:10~13:10)、透析の採血に基づく血液検査の結果です。
 なお、表中のデータは、目標値に適合しない主な項目のみを比較標記しております。
検査項目基準値5月度6月度対比
tk/v(透析効率)男=1.8、女=2.0以上1.251.49改善
尿素窒素(BUN)20~70mg/dL74.273.0改善
カリウム(K)4.5~5.5mEq/L6.06.1低下
ヘモグロビン(Hb)10~12g/dL12.712.7不変







3月以降、都合により暫く休んでおりましたが、本日より再開いたしました。

続きを読む

最新記事
カレンダー
10 | 2022/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
フリーエリア
人工透析 ブログランキング
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
3641位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
740位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
フリーエリア
ブロとも一覧
検索フォーム
リンク
プロフィール

akisora

Author:akisora
FC2ブログへようこそ!
千葉県在住 笑ちやんで~す 
2010年1月 血液透析(HD)導入
2011年1月 腹膜透析(PD)併用
2013年2月 腹膜透析(PD)中止
3回/週通院、血液透析治療